Events

8/24 地方、海外、ニッチ分野etc…「エッジ起業」で世界を変える方法〜家入一真×合田真トークLive!

いつ:
2018年8月24日 @ 7:00 PM – 9:00 PM
2018-08-24T19:00:00+09:00
2018-08-24T21:00:00+09:00
どこで:
FINOLAB 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル4F
料金:
無料

 

イノベーションは「辺境」から生まれる。

こんな言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか? 例えば、バングラディシュの村で生まれ、いまや世界に知られる金融モデルとなったグラミン銀行。例えば、深夜需要という新たなニーズを掘り起こしたドン・キホーテ。こうしたイノベーションは、どれも業界の「主流」とは一線を画したアイデアから生まれています。

しかし、メインストリームから離れたところでビジネスを興す際は、さまざまな苦労に見舞われるもの。辺境≒エッジな領域では、ゲームチェンジを起こすために必要なリソースを得難いからです。

そこで本イベントでは、クラウドファンディング「CAMPFIRE」などでの活動を通じて全国に“小さな経済圏”を生み出している家入一真氏と、アフリカの貧困地域で電子マネーを使った新しい形の銀行づくりに奔走している合田真氏に、「エッジ起業」のイロハを伺います。

お2方とも、業界人が「常識外れ」と思うようなやり方でビジネスを軌道に乗せてきた起業家で、かつテクノロジーを使って新たな「お金の流れ」を生み出すことで多くの人やコミュニティをエンパワーメントしています。そんな2人の対談を通じて、辺境から世界を変えていく必要条件のようなものを紐解くことができればと考えています。

これから起業しようと考えている方や、企業内で新規事業の企画・実行に取り組んでいる方、地方都市や途上国を元気にするために活動を続けている方などにぜひご参加いただければ幸いです。

<トークテーマ>
・家入氏、合田氏それぞれの自己紹介と、直近の取り組み紹介
・経験から学んだ「エッジな領域でゼロイチを生む際の必要条件」
・既存の業界ルールを変えていく上で大事な考え方
・「小さな経済圏」を生み、育てていくためのアプローチなど
※現時点の想定です。内容が変わる場合もございます。


イベント後半は、皆さまからのQ&Aにできるだけ多くの時間を割く予定です。

 

<登壇者>
株式会社CAMPFIRE 代表取締役社長 家入一真氏

1978年、福岡県出身。JASDAQ上場企業「paperboy&co.(現GMOペパボ)」創業社長。クラウドファンディング「CAMPFIRE」代表取締役CEO。スマートEC「BASE」共同創業取締役。株式会社キメラ代表取締役CEO。カフェプロデュース・運営「partycompany Inc.」代表取締役。スタートアップベンチャー投資「partyfactory Inc.」代表取締役。モノづくり集団「Liverty」代表。現代の駆け込み寺(シェアハウス)「リバ邸」を全国に作るなど、リアル・ネットを問わず、カフェやWebサービスなど人の集まる場を創っている。50社程のスタートアップ・ベンチャー投資も行う。2018年6月、シードラウンド向けベンチャーキャピタル「NOW」設立。第一号として、最大50億円規模のファンド組成へ。

■ クラウドファンディング「CAMPFIRE」  https://camp-fire.jp

■ 家入一真は50億を「若き怒り」に投資する  ーー新VCのNOW、企業経営者らと創設(THE BRIDGE)  http://thebridge.jp/2018/06/now-next-one-for-the-world

 

日本植物燃料株式会社 代表取締役社長 合田真氏

1975年、長崎県出身。京都大学法学部中退。2000年に日本植物燃料株式会社を設立。アジアを主なフィールドに、植物燃料を製造・販売する事業を展開する。その後アフリカのモザンビークに拠点を拡大し、2012年に現地法人ADMを設立。同国の無電化村で、地産地消型の再生可能エネルギーおよび食糧生産を支援するとともに、農村で使えるFinTechやAgriTech事業にも取り組んでいる。近年は村の生活レベルを向上させる目的で、電子マネーを使った「収益分配型モバイルバンク」づくりに奔走。この構想は世界中の農村や貧困地域に「お金の革命」を起こすポテンシャルがあるとして国連にも注目され、ニューヨーク本部で講演を行う。

■ アフリカにFinTechで銀行設立を目指す日本ベンチャー(BUSINESS INSIDER JAPAN) 
https://www.businessinsider.jp/post-100428
■ 合田氏の著書
『20億人の未来銀行 ニッポンの起業家、電気のないアフリカの村で「電子マネー経済圏」を作る』
書評(HONZ) http://honz.jp/articles/-/44838

※当日はイベント会場にて『20億人の未来銀行』の即売会も行います。


<開催概要>

日時:2018年8月24日(金)19:00~21:00 
開場:18:30
場所:FINOLAB     
 東京都千代田区大手町一丁目6番1号 大手町ビル4階
 (東京メトロ丸ノ内線、千代田線、半蔵門線、東西線、都営三田線「大手町駅」直結)
費用:無料
受付方法: 大手町ビル(東側)エレベーターで4Fまでお越しいただき、FINOLAB受付で本イベントのPeatixのチケットをご提示ください。
主催:FINOLAB 共催:日経BP社

お申込み・詳細はこちらから
https://ieiri-goda-talklive.peatix.com/

※写真、動画について
本イベント会場では写真、動画を撮影する予定でおり、メディアのWebページ、Youtubeなどのネット上に掲載される場合がございます。本人の顔、声などがネット上に掲載されることに問題がある方は当日受付時にその旨を伝えていただければと思います。申し入れがない場合はネット上の掲載に承認をいただいたことにさせていただきます。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

※個人情報の取り扱いについて
登録情報はOrinoco Peatix社の個人情報保護方針(プライバシー ポリシー) に則り管理されます。この登録情報はFINOLABを運営する株式会社電通国際情報サービスに第三者提供されます。株式会社電通国際情報サービスのプライバシーポリシーは こちら です

※イベント情報のご案内
今回のイベントへ参加申込者に対して、今後FINOLABで行なわれるイベントや、FINOLABやFINOVATORS/ISIDが主催するイベントに関する情報を登録したメールアドレスにお送りさせて頂く可能性がございます。申し入れがない場合はメールでの案内を承認をいただいたことにさせていただきます。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。