Events

4/23 Trend Note Camp#13:Y Combinatorの最新チーム紹介と米国スタートアップトレンド

いつ:
2018年4月23日 @ 7:00 PM – 9:00 PM
2018-04-23T19:00:00+09:00
2018-04-23T21:00:00+09:00
どこで:
FINOLAB 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル4F
料金:
¥4,000
連絡先:
横井靖弘

好評につき、「YC Winter 2018」キャッチアップイベント実施!注目スタートアップと最新トレンドを探る

昨年10月30日、「最新のY Combinatorから見るスタートアップの潮流(Trend Note Camp #9)」では100名もの方々にお越しいただきました。この場をお借りし改めてお礼を申し上げます。その際、「Demo Dayの度に開催して欲しい」というお声を数多く頂戴したことから、3月19日から20日にかけて行われた「YC Winter 2018」のキャッチアップイベントを開催する運びとなりました。

弊社・アドライトの運営するイノベーション創造メディア「addlight journal」にて第一報を公開していますが、YC Winter 2018では過去最多の141チームがピッチを展開し、オーディエンスも第二会場まで設けられるほどの熱気に包まれました。 <第一報> 「YC Winter 2018」Demo Dayレポート─注目スタートアップ30選(addlight journal) 前回に続き、会場を訪れた株式会社WiL パートナー・久保田雅也氏をゲストに迎え、弊社代表・木村とともにDemo Dayに登壇したスタートアップ20社を厳選して紹介。さらに米国スタートアップのトレンドをパネルディスカッション形式でお届けします。

主催:株式会社アドライト
株式会社アドライト(addlight Inc.)は、イノベーション創造のための、国内大企業に対するハンズオン支援事業及び国内外ベンチャー企業に対するインキュベーション事業を行っております。

共催:FINOLAB
FINOLABは、日本初のFinTech拠点であり、FinTechを中心とした新規ビジネス創出やエコシステム構築を目指すコミュニティ&スペースです。

<イベント概要>

【日時】
2018年4月23日(月) 19:00~21:00 (18:30受付開始)

【対象】
大企業・中小企業においてオープンイノベーションの検討や判断に携わる方
※コンサルティング会社等、同業者の参加はご遠慮願います。同業者と判断した場合、キャンセルとさせていただきます。

【内容】
・「YC Winter 2018」厳選20チーム紹介
・パネルディスカッション

【タイムテーブル】
18:30~    開場 
19:00~19:05 ご挨拶
19:05~19:15 イントロダクション
19:15~19:45 YC Winter 2018 厳選20チーム紹介
19:45~20:30 パネルディスカッション
20:30~21:00 ネットワーキング

【お申込みはこちらから】
https://trendnotecamp13.peatix.com/

【登壇者】
株式会社WiL パートナー
久保田雅也氏

1997年伊藤忠商事に入社。翌年リーマン・ブラザーズ証券会社東京支店に転職。以後11年にわたり投資銀行本部にて、国内外の様々なIT・インターネット企業のM&Aアドバイザリー並びにファイナンスを手がける。2008年11月、バークレイズ証券に移籍。投資銀行本部の通信・メディアセクター責任者を務める。インベストメント・バンカーとして、東京、NY、香港の各オフィスにて、IT・インターネット業界を担当、未上場ベンチャーから上場企業に至る多くの企業との取引案件を主導。2014年1月にWiL設立とともにパートナーとして参画。1997年慶應義塾大学経済学部卒。日本証券アナリスト協会検定会員。1996年公認会計士試験2次試験合格(会計士補)。

【モデレーター】
株式会社アドライト 代表取締役・木村 忠昭株式会社アドライト
代表取締役木村 忠昭

大学院卒業後、大手監査法人に入社し、株式公開支援業務に従事。2008年、イノベーション共創を手掛ける株式会社アドライトを創業。合わせて国内スタートアップ企業へ社外役員就任によるハンズオン支援を行い、うち5社(ユーグレナ、じげん、クラウドワークス、エスエルディー、マネーフォワード)が上場を果たす。アジアやアメリカの海外スタートアップ企業の支援にも積極的で、これまでに20社以上の投資育成を行いうち3社が買収される。これら国内外スタートアップの知見やネットワークを活かし、大手企業のオープンイノベーションにおける一気通貫での事業化支援を得意とする。主要な国立/私立大学との産学連携プロジェクトの支援実績も豊富。東京大学経済学部経済学科、東京大学大学院経済学研究科修士課程卒業。